凛子さんはシてみたい:高田夏帆&戸塚祥太のラブシーンに騒然 「心臓もたない」「AED必須!」

(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
1 / 4
(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがダブル主演を務める連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS・TBS)の初回が、10月19日深夜に放送。高田さんと戸塚さんによるラブシーンが描かれ、SNSでは「心臓もたない」「胸がぎゅんぎゅんする」「AED必須!」と一時、騒然となった。

 初回は、27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格した、誰もが認める“いい女”雨樹凛子(高田さん)。完璧に見える彼女だが、27歳にして経験がないというコンプレックスを抱えていた。ある日、偶然入ったバーで、同期の上坂弦(戸塚さん)に会う。ウエディングアドバイザーとして契約数1位を誇る上坂は、容姿端麗で女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。しかし、上坂も経験がないことが明らかになると、ピンときた凛子は、上坂をホテルに誘い……と展開。

 ホテルでは、凛子がはしゃぎたい気持ちを抑えながら「先にシャワー使っていい?」と余裕ぶってみたり、上坂が凛子をベッドに倒し「びびってると思ってんの? 俺も男だよ」と言いながら迫っていく。しかし、怖くなってしまった凛子が未経験であることを上坂に告白し、ドラマが終了した。“お預け”を食らった視聴者から「ここで終わるのかあ!!!」「もう終わり!?」「息止めてたら終わった」との声もあった。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。容姿端麗で仕事も完璧ながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る