横峯さくら選手:出産後3カ月でのツアー復帰に密着 “パーフェクトヒューマン”なキャディーの夫も

10月26日放送「7RULES(セブンルール)」に出演する横峯さくら選手=カンテレ提供
1 / 8
10月26日放送「7RULES(セブンルール)」に出演する横峯さくら選手=カンテレ提供

 プロゴルファーの横峯さくら選手が、10月26日放送のドキュメントバラエティー番組「7RULES(セブンルール)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後11時)に出演。番組では、昨年妊娠7カ月で試合に出場して注目を集め、出産後も3カ月という異例の早さで復帰戦に挑んだ横峯選手の横顔に密着する。

 19歳でプロデビューし、2009年には賞金女王を獲得した横峯選手。同級生ライバルの宮里藍さんと人気を二分し、女子ゴルフブームを巻き起こした。35歳になった現在は、生後8カ月の息子を育てる1児の母に。キャディーを務める夫と二人三脚で“ママゴルファーとしてツアー優勝すること”が目標だ。

 父の指導のもと8歳でゴルフを始め、日本のゴルフ界を席巻した横峯選手。世界のトッププロが集うアメリカで戦ってきたが、成績が残せずスランプに陥った。さらに、妊娠・出産をへて自分の形を見失ったという。日本のゴルフ界では、出産後に優勝を経験した者はごくわずか。さらに“ミレニアム世代”をはじめとした若い世代の台頭もあり、競争はますます激化。超えるべきハードルが高くなっている中、彼女がプロゴルファーを続ける理由を探る。

 今回カメラは、再び頂点へ挑むその復帰初戦から密着。幼い頃から欠かさないストイックな練習法や、夫婦で決めた家事・育児のルールも紹介。元賞金女王としてのプライドと家族への感謝を胸に、現役で走り続けるプロゴルファー・横峯さくらの七つのルールに迫る。

 スタジオでは、横峯選手をどんな時でも支える夫に注目したYOUさんは、「(夫として)パーフェクトヒューマン」とベタ褒め。一方、 青木崇高さんは、このオンエアを妻の優香さんが見て比べられたら、何と言い訳するか?と想像を巡らせる。さらに長濱ねるさんは、“ゴルフとの意外な接点”を告白する。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る