言霊荘:斉藤由貴が呪縛霊と“直接対決”へ 除霊中に世にも恐ろしい怪奇現象発生!?

ドラマ「言霊荘」第5話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
ドラマ「言霊荘」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系)の第5話「タイムリミット」が11月6日午後11時から放送される。宮司の岩戸志麻(斉藤由貴さん)が、「言霊」の呪いを操る呪縛霊との直接対決に挑み、除霊中には世にも恐ろしい怪奇現象が発生するという。

 重い病気を患っている元カレの鈴木大輔(竹財輝之助さん)を「どんなことをしてでも助けたい」と口にした4号室の菊川麻美(森田望智さん)。麻美は自身の強い「言霊」によって、気づいたときには自らの肝臓を鈴木に移植していた。手術後、麻美の見舞いに訪れたコトハ(西野さん)は、鈴木の病室で親しげに話す5号室の林原早紀(石井杏奈さん)の姿を見つけ、早紀が麻美から鈴木を奪った恋敵だったことが判明する。

 そんな中、「言霊の呪い」の力が強まっていく。コトハから除霊の依頼を受けた志麻は力を解放し、アパートに取り憑(つ)く言霊を操る呪縛霊の除霊を決意。管理人室で強烈な霊気を感じた志麻が、コトハら住人女性たちが見守る中、お祓(はら)いを始める……という展開。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMAの共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になるという怪奇現象が次々と発生。住人たちが「死」と向かい合うホラー作品。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る