青天を衝け:伊藤兼子役・大島優子のたたずまい、着物姿が話題 「気づかなかった」「やけにきれい」の声も

大河ドラマ「青天を衝け」第34回に伊藤兼子役で登場した大島優子さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」第34回に伊藤兼子役で登場した大島優子さん (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第34回「栄一と伝説の商人」が11月7日放送され、芸者見習いの伊藤兼子役で女優の大島優子さんが初登場した。

 大島さんは今回が初の大河ドラマ。伊藤兼子は、「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘。明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまう。路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意。門をたたいた置き屋で、三味線の師匠として出入りしていたやす(木村佳乃さん)と出会う……という役どころ。

 第34回での出番はほんのわずかで、「あれ、今ちゃんと見てなかったけど、伊藤兼子は大島優子やったんや!」「大島優子だと気づかなかった!」「大島優子に見えないたたずまい!」「きれいな正座だなあと思ったら大島優子さんじゃないの」などと視聴者は反応。

 さらに「ずっと楽しみにしてた!」「待ってたよ!」「大島優子さん、たたずまいステキ」「なんか大島優子がやけにきれいだな」「大島優子ちゃん着物似合う。これから楽しみ!」といった声も上がるなど、ファンは大島さんの大河デビューを楽しんだ様子だった。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る