ドラマ1週間:「ONE PIECE」ハリウッド実写ドラマで新田真剣佑がゾロに 香取慎吾が山本五十六役で17年ぶりNHKドラマ

実写ドラマ「ONE PIECE」に出演する(上段左から)イニャキ・ゴドイさん、新田真剣佑さん、エミリー・ラッドさん、(下段左から)ジェイコブ・ロメロ・ギブソンさん、タズ・スカイラーさん(C)尾田栄一郎/集英社
1 / 1
実写ドラマ「ONE PIECE」に出演する(上段左から)イニャキ・ゴドイさん、新田真剣佑さん、エミリー・ラッドさん、(下段左から)ジェイコブ・ロメロ・ギブソンさん、タズ・スカイラーさん(C)尾田栄一郎/集英社

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(11月6~12日)は、尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のハリウッド実写ドラマシリーズ(Netflix)に、新田真剣佑さんがゾロ役で出演する話題、香取慎吾さんが、12月30日に放送されるNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦(ろんどん)ノ山本五十六」(総合)で主演し、大河ドラマ「新選組!」(2004年)以来、約17年ぶりに同局のドラマに出演する話題などが注目を集めた。前後編で取り上げる。

 11月10日、ハリウッド実写ドラマシリーズ「ONE PIECE」の主人公・ルフィら麦わらの一味のキャストが発表された。俳優のイニャキ・ゴドイさんがルフィ、新田さんがゾロをそれぞれ演じる。エミリー・ラッドさんがナミ役、ジェイコブ・ロメロ・ギブソンさんがウソップ役、タズ・スカイラーさんがサンジ役で出演する。手配書にキャストが写し出されたビジュアルも公開された。

 10日、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)が、一挙再放送されることが分かった。「追いつけます!カムカム深夜イッキ見」と題し、16日深夜2時34分から第1週(1~5回)、17日深夜2時2分から第2週(6~10回)、27日深夜1時15分から土曜に放送されているダイジェスト版の第1~4週を放送する。ドラマは、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母(上白石さん)、母(深津さん)、娘(川栄さん)の3世代の親子を描く。

 10日、俳優の玉山鉄二さんが、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で2022年2月25日から独占配信される、連続ドラマ「君と世界が終わる日に」シーズン3に出演することが分かった。今作は、日本テレビとHuluの共同制作のゾンビドラマ。生きる屍=ゴーレムが出現した終末世界を舞台に、主人公の間宮響(竹内涼真さん)と恋人の小笠原来美(中条あやみさん)らが、生き残りを懸けて戦いに身を投じていく姿を描く。玉山さんは、ゴーレム惨禍のなか、新世界の創設を目的とする宗教団体「光の紋章」の教祖・ワンティーティを演じる。桜井日奈子さんが放浪していたところを「光の紋章」に助けられた宮木伊織役、和田正人さんが伊織の彼氏・梶浦哲夫役、須賀健太さんが感染症を専門にした研究機関で働いていた元大学院生・室田シンジ役で出演することも発表された。

 10日、女優の水川あさみさん、山本美月さんが、今冬放送の2夜連続ドラマスペシャル「山崎豊子『女系家族』」(テレビ朝日系)に出演することが発表された。水川さんは劇中で遺産争いを繰り広げる「矢島家」の次女・千寿(ちず)、山本さんは三女・雛子をそれぞれ演じる。ドラマは、故・山崎豊子さんの同名小説(新潮文庫)を宮沢りえさんと寺島しのぶさんのダブル主演で実写化。宮沢さんは矢島家当主の愛人・浜田文乃、寺島さんは長女・藤代をそれぞれ演じる。渡辺えりさんが三姉妹の叔母・芳子役、伊藤英明さんが藤代と恋愛関係にある日本舞踊の若師匠・梅村芳三郎役、奥田瑛二さんが矢島家に長年大番頭として仕える大野宇市役、余貴美子さんが宇市と長年にわたって内縁関係にある愛人・小林君枝役で出演することも発表された。

 10日、故・志村けんさんの半生を、俳優の山田裕貴さん主演でドラマ化する「志村けんとドリフの大爆笑物語」(フジテレビ系、12月放送)に、「ザ・ドリフターズ」のメンバー役で遠藤憲一さん、勝地涼さん、加治将樹さん、松本岳さんが出演することが分かった。故・いかりや長介さんを遠藤さん、加藤茶さんを勝地さん、高木ブーさんを加治さん、仲本工事さんを松本さんがそれぞれ演じる。ドラマは、志村さんが、ザ・ドリフターズに携わるようになった高校卒業間際の1968年から、メンバーの一員となって過酷なスケジュールで過ごした1990年代までを描く。

 10日、劇作家で俳優の佃典彦(つくだ・のりひこ)さんが、2022年1月期にTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「DCU」に出演することが明らかとなった。佃さんは、2020年に同枠で放送された大ヒットドラマ「半沢直樹」で銀行員の曽根崎雄也を演じ、“後ずさり土下座”で話題となっており、日曜劇場への“凱旋(がいせん)”となる。ドラマは阿部寛さんの主演で、水中で起こった事件や事故の捜査に特化した架空の組織「DCU(潜水特殊捜査隊)」を描くミステリー。佃さんは、DCUの隊長・新名正義(阿部さん)を育て上げた直属の上司で、海上保安庁の警備救難部部長・佐久間雄二を演じる。

 11日、香取さんが、12月30日午後10時から放送されるNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」で主演を務めることが発表された。香取さんがNHKのドラマに出演するのは、主演を務めた大河ドラマ「新選組!」以来、約17年ぶり。香取さんは、真珠湾攻撃を指揮した提督・山本五十六を演じ、劇中では丸刈り姿を披露する。ドラマは、NHKの独自取材で明らかになった海軍内部の極秘文書に基づき、国民から「英雄」と呼ばれるようになる以前の山本の姿を描く。

 11日、女優の黒木華さんが、2022年1月期にフジテレビ系の「木曜劇場」(木曜午後10時)枠で放送される連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」で主演を務めることが分かった。黒木さんがフジテレビ系のドラマに主演するのは初めて。ドラマは、大手出版社が運営するネットニュースサイトの編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事、生き方、恋愛を通して「新時代の人と人とのつながり」を描くオリジナル作で、黒木さんはPV(ページビュー)数至上主義のネットニュースの編集部員・瀬古凛々子(せこ・りりこ)を演じる。

 12日、12月27~29日午後10時に放送される、荒木飛呂彦さんの人気マンガを俳優の高橋一生さん主演で実写化したNHKのドラマ「岸辺露伴は動かない」(総合)で、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが、乙雅三(きのと・まさぞう)を演じていることが分かった。今作は、荒木さんの「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの人気キャラクター、岸辺露伴が主人公の「岸辺露伴は動かない」を実写化。猿之助さんがゲスト出演する第5話「背中の正面」(12月28日放送)は「ジョジョの奇妙な冒険」本編が原作。いかなる時も決して背中を見せようとしない乙と、好奇心に駆られ、策を弄(ろう)してでも無理やり背中を見ようとする露伴(高橋さん)とのやり取りを描く。

 12日、女優の島崎遥香さんが、2022年1月期の連続ドラマ「ハレ婚。」(ABCほか、日曜午後11時55分)に主演することが明らかとなった。島崎さんが連ドラで主演を務めるのは、2016年のドラマ「警視庁ナシゴレン課」(テレビ朝日系)以来、約6年ぶり。一夫多妻制が認められた架空の町を舞台に、複数の妻を持つことができる「ハレ婚=ハーレム婚」を描くラブコメディーで、島崎さんは3人目の妻となった前園小春を演じる。島崎さんは、役作りのために髪を約25センチカットしたことも明かされた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る