高畑充希:30歳、“節目の年”に日テレ水10ドラマに帰還「とても幸せに思います」 30歳の“等身大の女性”に

2022年1月期に日本テレビ系で放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」で主演する高畑充希さん=日本テレビ提供
1 / 1
2022年1月期に日本テレビ系で放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」で主演する高畑充希さん=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さんが、2022年1月期に日本テレビ系で放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(水曜午後10時)に主演することが11月22日、分かった。12月14日に30歳になる高畑さんは、「過保護のカホコ」(2017年)、「同期のサクラ」(2019年)に続き、約3年ぶりの同枠での主演に、「30歳の節目の年に、大切な思い出がたくさんある水10ドラマに参加できること、とても幸せに思います」と喜んだ。

 ドラマは、30歳の出世欲なし、彼氏なし、でも「今のままでいいのか?」とも思い悩むイマドキ世代なベンチャー企業の社長秘書・高梨雛子(たかなし・ひなこ、高畑さん)が、ある日突然、子会社の社長を任され、生意気な部下とカリスマ上司の板挟みになりながら、仕事と恋にまい進する、“爽快お仕事エンターテインメント”。雛子が、生意気な部下とカリスマ上司との間で揺れ動く「胸キュン展開」、一人の女性として成長していく「等身大の成長物語」が描かれる。連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、2020年)などの渡邉真子さんが脚本を手がける。

 同世代の“等身大の女性”を演じる高畑さんは「今回の雛子というヒロインは、とにかく周りのムチャブリに振り回されっぱなし。現状維持大歓迎の八方美人ヒロインです。今までの水10ドラマの中では周りを振り回しっぱなしだったので、とても新鮮な毎日ですし、振り回されるのも、『意外と好き……かも?』と、思い始めています」とコメント。「週の真ん中に『残り半分も頑張ろっ!』と思えるような、笑える軽やかなドラマにしたいです。ステキなキャスト、スタッフの皆さんと、頑張ります」と意気込んだ。

 鈴木亜希乃プロデューサーは、高畑さんの起用理由について「主人公・雛子を演じてほしいのは誰だろうと考えたとき……正直、高畑充希さんしか思いつきませんでした! 親しみやすい可愛らしさがあって、しっかりしていそうな格好良さもあって、まさに“友達として隣にいてほしい”等身大の女性だからです。そんな高畑さんの魅力があれば、“ドラマを見る”というより、“友達とおしゃべりしている”という感覚で見られるような、唯一無二のドラマになるのではと思いました」と説明する。

 また、視聴者に向けては「笑えるコメディーもあり、ロマンチックもあり、明日からまた頑張れるような元気を届けるお仕事ドラマを目指します! 楽しみに待っていてください」と呼びかけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る