柳ゆり菜:「ハレ婚。」稲葉友の1人目の妻に 茨城ギャルの役作りで「色気の研究」

2022年1月期の連続ドラマ「ハレ婚。」に出演する柳ゆり菜さん(C)ABC
1 / 3
2022年1月期の連続ドラマ「ハレ婚。」に出演する柳ゆり菜さん(C)ABC

 女優の柳ゆり菜さんが、島崎遥香さん主演で2022年1月期に放送される連続ドラマ「ハレ婚。」(ABCほか、日曜午後11時55分)に出演することが11月24日、分かった。一夫多妻制が認められた架空の町を舞台に、複数の妻を持つことができる「ハレ婚=ハーレム婚」を描くラブコメディーで、伊達龍之介(稲葉友さん)の「1人目の妻」である、ゆずを演じる。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で2014~19年に連載され、累計260万部を突破したNONさんの同名マンガが原作。お人よしで、なぜか浮気男とばかり付き合ってしまう“既婚者ハンター”の前園小春(島崎さん)が、不思議な魅力を漂わせる龍之介と出会い、ほかの美人妻たちとハレ婚ライフを送ることになる……というストーリー。

 ゆずは、セクシーで家事にマジメな1人目のハレ婚妻。龍之介を優しく包み込みながら、3人目の新妻・小春に対しては厳しくも温かく迎え入れる。感情的になると、茨城弁が飛び出る茨城ギャル、という役どころ。

 柳さんはゆずの印象を「見た目ギャル、中身オカンという『ハレ婚。』の中で、最もギャップのあるキャラクターだと思いました」と語り、役作りについて「まずは見た目改造。原作のゆずの雰囲気を損なわないように、できる限り努力して近づけたいと思いました。伊達家を引っ張る母のような存在なので、頼もしく葛藤の多い女性を演じるための心構えも大事だと思いました。あと色気の研究です(笑い)」と明かしている。

 ABCのほか、テレビ神奈川で火曜午後11時に放送。ABCでの放送後、「TVer(ティーバー)」「GYAO!(ギャオ)」で見逃し配信される。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る