ドクターX:第7話 “森本光”田中圭が4年ぶり登場 ポンコツ外科医から医療系インフルエンサーに

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第7話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズ第7話が、11月25日に放送される。同話では、俳優の田中圭さんが、第1シリーズ(2012年)、第5シリーズ(2017年)にも登場していた“ポンコツ外科医”森本光役で約4年ぶりにゲスト出演。多大な影響力を持つ“医療系インフルエンサー”になった森本を再び演じる。

 生まれ変わった「東帝大学病院」のブランディングを強化するため、「メディカルソリューション本部」の本部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)が、かつて東帝大学病院で働いていた外科医・森本を“サポート役”として呼び寄せた。当時、大門未知子(米倉さん)のような外科医に憧れながら、腕も自信も到底及ばず、頼りない森本だったが、出演動画がヒットしたことで“医療系インフルエンサー”として若手医師たちのカリスマ的存在に変貌していた。

 多大な影響力を手にする森本は、昔とは打って変わり、威風堂々と東帝大学病院に凱旋(がいせん)。尊敬する未知子に対しても「これからの医者の武器はメスじゃない。影響力だ」と大口をたたく。そんな中、未知子はたまたま入った定食屋で、店主・七宮安江(根岸季衣さん)の体調に問題があることを察知。検査の結果、安江の胃がんがかなり進行していることを知った未知子は、早急なオペが必要だと判断する。東帝大学病院に入院することになるが、もともと手術や長期入院に消極的だった安江は、未知子に無断でそそくさと退院してしまう。

 自らの影響力の強さに陶酔する森本の前に、安江の娘・萌香(白石糸さん)が訪問。安江が以前から具合が悪かったにもかかわらず、我慢して病院に行かなかったのは森本の動画のせいだ、と食ってかかる……。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・未知子を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、内科主導の組織変革をもくろむ蜂須賀らとの新たな戦いを描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る