志尊淳:来年1月期ドラマで高畑充希に突っかかる“ナマイキ部下”に 「2022年はいろいろなことに楽しく挑戦」

2022年1月期に放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」に出演する志尊淳さん
1 / 1
2022年1月期に放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」に出演する志尊淳さん

 俳優の志尊淳さんが、女優の高畑充希さん主演で、2022年1月期に放送される連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが11月26日、分かった。志尊さんは、クールで無愛想で、何かにつけて、ヒロイン・高梨雛子(高畑さん)に突っかかる“ナマイキ部下”の大牙涼(たいが・りょう)を演じる。

 ドラマは、30歳の出世欲なし、彼氏なし、でも「今のままでいいのか?」とも思い悩むイマドキ世代なベンチャー企業の社長秘書・高梨雛子が、ある日突然、子会社の社長を任され、生意気な部下とカリスマ上司の板挟みになりながら、仕事と恋にまい進する、“爽快お仕事エンターテインメント”。雛子が、生意気な部下とカリスマ上司との間で揺れ動く「胸キュン展開」、一人の女性として成長していく「等身大の成長物語」が描かれる。連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、2020年)などの渡邉真子さんが脚本を手がける。

 志尊さん演じる大牙は、本社では優秀でデキる若手と評判だったのに、突然の出向辞令で新米社長の雛子の部下となる。愛想笑いばかりで社長らしい振る舞いができない雛子にイラついてばかりだったが、諦めず前を向く雛子の姿に感化され、自身も大人として成長していく……という繊細なキャラクターだ。

 志尊さんは、「2022年はいろいろなことに楽しく挑戦したい。そんな中、このお話をいただきました」と明かし、「昔から知っているプロデューサーさん、そして初めてお仕事させていただくスタッフさん、共演者の方々。自分にとっても新鮮な作品、役柄で今からワクワクしています」とドラマに期待を寄せる。

 さらに「新たな自分を大牙涼という人を通して表現できたらなと思います」と意気込み、「いろいろなことがある毎日ですが、皆さんがホッとできるような時間を作れるよう、頑張ります。お楽しみに」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る