藤原大祐&桜田ひより:連ドラ「神様のえこひいき」でW主演 男女入れ替わりのラブストーリー

連続ドラマ「神様のえこひいき」に出演する(上段左から)藤原大祐さん、桜田ひよりさん(下段左から)窪塚愛流さん、古川雄輝さん、新井舞良さん (C)小村あゆみ/集英社・HJホールディングス
1 / 3
連続ドラマ「神様のえこひいき」に出演する(上段左から)藤原大祐さん、桜田ひよりさん(下段左から)窪塚愛流さん、古川雄輝さん、新井舞良さん (C)小村あゆみ/集英社・HJホールディングス

 俳優の藤原大祐さんと女優の桜田ひよりさんが、2022年3月から動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信される連続ドラマ「神様のえこひいき」で、ダブル主演を務めることが11月30日、分かった。藤原さんがドラマの主演を務めるのは初めてで、恋心を抱いていた親友の好みのタイプの女性に生まれ変わってしまった主人公・天野弥白を演じ、弥白の生まれ変わりの姿である女子高生・天堂神楽を桜田さんが演じる。

 少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)と「Hulu」がタッグを組んだ「マーガレットLove Stories」の第3弾で、小村あゆみさんの同名マンガが原作。同性の親友・ケンタへ告白するもフラれ、その直後に交通事故で死んでしまう主人公・弥白(やしろ)が、暇を持て余した神様の“えこひいき”により、女の子・神楽(かぐら)に生まれ変わる……という展開。

 また、弥白の親友で思い人・七原ケンタ役で窪塚愛流(あいる)さん、中身が弥白に入れ替わった神楽に好奇心を抱く超肉食系女子・鳥居鈴役で新井舞良さん、弥白と神楽の中身を入れ替える神様役で古川雄輝さんが出演することも発表された。

 ドラマは全8話。2022年3月19日からHuluで独占配信される。

 ◇藤原大祐さんのコメント

 このお話をいただいたのは1年ほど前だったのですが、まだ駆け出したばかりの僕に主演を任せていただけたことがとてもうれしかったです。喜びが大きい分、同時に強い責任も感じました。僕の演じる弥白は物語の主人公でありながらも、ケンタといる時は常に2番目。「ケンタが1番で弥白は2番」という意識を大切にして、ふとした時に優しさが垣間見えるように演じました。

 入れ替わりを演じる上で、神楽というキャラクターは、女の子に振り切ることができない難しさがありました。ですが、立ち方、歩き方、話し方などの所作は、やはり女性と男性とでは大きく違うので、役作りをする上で研究しました。

 この作品は「性の多様性」「愛の自由さ」という社会的テーマを扱いながらも、それをポップに描いているのが見どころです。原作にはない新たな設定が加えられているのですが、原作ファンの方にも新たな気持ちで楽しんでいただければと思います。

 ◇桜田ひよりさんのコメント

 私が恋愛ドラマ!?と驚きましたが、原作を読み進めていくうち、「これは……ただの恋愛ものじゃない……!」と、にやけてしまいました。人を好きになり恋をすることは、楽しいだけではなく、傷ついたり落ち込んだり、苦しくなったりつらくなったりもしますが、それでも人間はたった一人を愛すること、大切な人を思う気持ちは何よりも美しいなと感じます。

 私が演じる「神楽/カグラ」は、中身が男性に入れ替わる難しい役なので、外出時は男性の仕草に注目しながら人間観察し、カッコいいだけではなく、柔らかく、包み込むような優しさを持つキャラクターになるように演じました。いろいろな恋愛のカタチがあり、一人一人の物語があります。最終話までそれぞれの恋を応援していただけたらうれしいです。余談ですが、右近役の犬・こまちゃんがとにかく可愛いので、そちらもお楽しみにしていただきたいです。

 ◇小村あゆみさんのコメント

 (ドラマ化が決まった時は)「えっ?本当に? 大丈夫かな!?こんなに実写しにくそうなマンガなのに!?」と思いましたが、とてもうれしかったです。全部のシーンが楽しみですが、一番楽しみなのは弥白が神楽になった後。……神様や右近ちゃんが実写でどう表現されるのかもとても気になります!

 マンガを描いている時はキャラクターの人生を追いかけることに必死でしたが、この作品を通して、みなさんが「自分だったらどうするかな?」って考えてみるきっかけになればうれしいです。プロの方々が作ってくださった新しい「神様のえこひいき」。私も皆様と同じ新鮮な気持ちで拝見いたします! どうぞよろしくお願いいたします!

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る