小手伸也:長澤まさみから“お尻ぺんぺん” 「結構たたいています」と苦笑い 名古屋で「コンフィデンスマンJP」ファンミ

「コンフィデンスマンJP」のファンミーティング「子猫ちゃんの集い ~英雄の郷編~」に登場した小手伸也さん
1 / 4
「コンフィデンスマンJP」のファンミーティング「子猫ちゃんの集い ~英雄の郷編~」に登場した小手伸也さん

 俳優の小手伸也さんが12月3日、名古屋市内で開催された、人気シリーズ「コンフィデンスマンJP」のファンミーティング「子猫ちゃんの集い ~英雄の郷編~」に登場。2022年1月14日公開の新作映画「英雄編」では、小手さん演じる五十嵐が、長澤まさみさん扮(ふん)するダー子から“お尻ぺんぺん”される場面があるといい、「あれ、長澤さん実際にたたいています、結構たたいています(笑い)。古沢(良太)さんが書かれた脚本の一行一行を大切にしているのですが、現場が広げすぎる(笑い)」と苦笑いを浮かべていた。

 イベントには成河広明プロデューサーが登壇、脚本の古沢さんもリモート出演した。小手さんはかつて名古屋市名東区に住んでおり、成河さんは父親が三河出身、古沢さんは徳川家康を題材とした2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」を執筆することが決定しており、3人が愛知県のトークで盛り上がった。

 小手さんが「『どうする家康』、どうなりました?」と聞くと、古沢さんが「いま絶賛執筆中、室内は歴史のメモがびっしりです! 勉強のために、今年は名古屋に何度も行きました。味仙や、あつた蓬莱軒によく行きましたよ」と返答する一幕もあった。

 「コンフィデンスマンJP」は、連続ドラマが2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で放送。信用詐欺(コンゲーム)師のダー子、ボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。映画化もされ、これまでに「ロマンス編」と「プリンセス編」が公開されている。

 新作は、イタリア・シチリア島南部にあるマルタ共和国の首都ヴァレッタを舞台に、ダー子たちがコンゲームを繰り広げる。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事