最愛:“梨央”吉高由里子への思いを明かす“加瀬”井浦新が話題 「加瀬キュン」「あれは惚れる」

女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第8話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が、12月3日に放送された。井浦新さん演じる加瀬賢一郎が、吉高さん演じる梨央への思いを明かす場面が登場。視聴者からは、「マジで加瀬キュンだった」「あれは惚れるわ」などの反響があった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第8話では、真田梨央(吉高さん)は、橘しおり(田中みな実さん)と後藤信介(及川光博さん)がもめていたようだと聞く。後藤とは、加瀬賢一郎(井浦新さん)も前日から連絡できず、行方をつかめずにいた。

 その後、梓(薬師丸ひろ子さん)から、会社が管理している別荘に後藤がいると思う、と聞いた加瀬は、梨央と向かい、後藤を発見する。後藤が行った不正について、誰の指示かと加瀬が尋ねると、後藤は「誰の指示でもない。私一人でやった」「会社のため」と強調し、逃げ去ってしまうのだった。

 そんな中、いつも味方になってくれる加瀬に、梨央が「私のことどう思ってるの?」「嫌になんない?」と尋ねる場面も登場。嫌にはならないと答えた加瀬は、「何度も言うけど家族だと思っている」と梨央への思いを語り出すと、宇多田ヒカルさんの主題歌「君に夢中」が流れる展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#最愛ドラマ」が世界トレンド2位となるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「加瀬さんの愛が深すぎるよ 沼落ち」「加瀬さんかっこよすぎるよ」「励ましてくれて、見守ってくれて、庇ってくれて……加瀬さんにキュンだわぁ」「最愛の中でも一番大人で切なくて、でもあたたかくて最高のシーンでした」「加瀬さんのこと好きになるよこれは」などの声が続々と上がった。

 「加瀬さん幸せになって……」「どんな形でもいいから加瀬さんに幸せになってほしい」「真田姉弟と大輝(松下洸平さん)と加瀬さんが幸せになるラストならなんでもいいよ」など、加瀬の幸せを願う声も上がっていた。 

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る