高橋一生:「岸辺露伴は動かない」で飯豊まりえに“嫉妬”? こだわりの衣装、ヘアバンドもグレードアップ

ドラマ「岸辺露伴は動かない」のビジュアル(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社(C)NHK・PICS
1 / 1
ドラマ「岸辺露伴は動かない」のビジュアル(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社(C)NHK・PICS

 荒木飛呂彦(あらき・ひろひこ)さんの同名マンガを実写化したNHKのドラマ「岸辺露伴は動かない」(総合)で主演を務める高橋一生さんが、12月25日放送の同局のトーク番組「土曜スタジオパーク」(土曜午後1時50分)に出演。演じる岸辺露伴の衣装を人物デザイン監修の柘植(つげ)伊佐夫さんに提案したという高橋さんは「(昨年末のドラマでは)泉くん(飯豊まりえさん)の衣装が多くて嫉妬したんですよ(笑い)」と明かした。

 ドラマは、累計発行部数が1億部を超える荒木さんのマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの人気キャラクター・岸辺露伴を主人公としたスピンオフ「岸辺露伴は動かない」を、高橋さん主演で実写化。人を本にして“読む”能力を持つ露伴が、奇怪な事件や不可思議な現象に遭遇するサスペンス・ホラーで、第1~3話が昨年末に3夜連続で放送された。新エピソードとなる第4話「ザ・ラン」が27日午後10時、第5話「背中の正面」が28日午後10時、第6話「六壁坂」が29日午後10時に放送される。

 新エピソードでは、自身が提案した露伴の“穴の空いた服”が実現したと明かした高橋さんは「(昨年末のドラマの撮影時に)原作にこういう服装が何度か出てきているので、次回があるなら『穴空きをお願いしたいです』とリクエストしました」と語った。

 演じる役の衣装には強いこだわりがあるという高橋さんは「『シャツを大きめにしたい』『裾を靴下に入れたい』とか毎回提案します」と明かし、「新エピソードでは露伴のヘアバンドも(原作に近づけるため)地味にグレードアップしています」と話していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る