生田絵梨花:「乃木坂46」ラストステージで涙 歌い出しは1期生が務める ファンから「10年間お疲れ様」「ありがとう」と反響も

「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供
1 / 1
「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供

 アイドルグループ「乃木坂46」が12月31日放送の「第72回NHK紅白歌合戦」に登場。年内で卒業することを発表している生田絵梨花さんは「10年、乃木坂として生活させていただいていたので、このステージが終わって年が明けたら、乃木坂じゃなくなるということは、想像しただけでもすごくさみしいんですけど、乃木坂に関わってくださったすべての皆様に感謝を込めて、メンバーの一員としてできることを全うしたいです」といってステージに挑むと、生田さんと同じ1期生たち、秋元真夏さん、齋藤飛鳥さん、樋口日奈さん、和田まあやさん、星野みなみさんが歌い出しを務めた。

 パフォーマンスを終えた生田さんは目に涙を浮かべ、「10年間応援してくださって、ありがとうございました。これからも乃木坂46の応援をお願いします」とファンに向けて、メッセージを贈っていた。

 SNSでは「生田さん、本当に10年間お疲れ様でした」「今まで本当にありがとう」「いくちゃんお疲れさまでした」「これからも応援してるからね」「10年間ありがとう!!」と、ファンから反響が寄せられていた。

 「第72回NHK紅白歌合戦」は、俳優の大泉さん、女優の川口春奈さん、同局の和久田麻由子アナウンサーが司会を担当。東京国際フォーラムホールAで有観客で開催され、NHK総合ほかで12月31日午後7時半~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る