義母と娘のブルース:新年SPが今夜放送 綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌ら再集結

ドラマ「義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル」の場面写真(C)TBS
1 / 3
ドラマ「義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル」の場面写真(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんが主演を務める人気シリーズの新作ドラマ「義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル」(TBS系)が、1月2日午後9時から放送される。綾瀬さんをはじめ、竹野内豊さん、佐藤健さん、上白石萌歌さん、井之脇海さん、宇梶剛士さん、浅野和之さん、麻生祐未さんら、2018年の連続ドラマのレギュラーキャストが、今作でも顔をそろえる。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描き、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。2020年には続編となるスペシャルドラマが放送された。

 新作は、義母・亜希子が再建した企業が“ハゲタカファンド”に乗っ取られるが、“ハゲタカ”の岩城良治(竹野内さん)は、他界した夫・良一(竹野内さん、二役)と顔がうり二つだった。良治が買収の標的にするのはまさかのベーカリー麦田。新事業が功を奏し、売り上げを順調に伸ばしていたベーカリー麦田だが、日本一のパン屋を目指す店長・麦田章(佐藤さん)のノーテンキな野望につけ込み、大手製パン会社との合併を画策していた……という展開。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る