ゴシップ:溝端淳平が元週刊誌記者のネットニュース編集者に “煽りタイトル”付けが得意

連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」で根津道春を演じる溝端淳平さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」で根津道春を演じる溝端淳平さん(C)フジテレビ

 1月6日にスタートする連続ドラマ「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(フジテレビ系、木曜午後10時)。大手出版社「クスノキ出版」が運営するネットニュースサイト「カンフルNEWS」を舞台に、そこで働く者たちの仕事、生き方、恋愛を通して「新時代の人と人とのつながり」を描くオリジナル作品だ。溝端淳平さん演じる編集者の根津道春を紹介する。

 ◇週刊誌出身の無気力編集者 瀬古凛々子と同期入社

 根津は、主人公・瀬古凛々子(黒木華さん)と同期入社で、主に著名ライターのコラム連載やエンタメ関係のインタビュー記事を担当。PV数の伸びそうな“煽りタイトル”を付けるのが得意で、「帰るのがめんどくさいから」とほとんど会社に住んでいる。

 父親の影響で記者を目指して「クスノキ出版」に入社。もともとは週刊誌「週刊カンフル」の記者をしていたが、自分が書いたスキャンダル記事がきっかけでトラブルが起こり、それ以来、仕事は給料さえもらえればそこそこでいいという考えになった。

 ◇初回ストーリー

 「クスノキ出版」の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華さん)は、優れた洞察力でちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けており、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスと呼ばれている。そんな凛々子の能力を認める執行役員の仁和正樹(安藤政信さん)は、会社が運営する「カンフルNEWS」の立て直しを命じる。

 「カンフルNEWS」は他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信し、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。編集会議では早速、ある会社のパワハラ疑惑が持ち上がるが……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る