相棒:今夜、劇場版第1弾「絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」放送 杉下右京&亀山薫が国家の陰謀に挑む

「相棒‐劇場版‐ 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」の一場面(C)2008「相棒-劇場版-」パートナーズ
1 / 3
「相棒‐劇場版‐ 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」の一場面(C)2008「相棒-劇場版-」パートナーズ

 人気刑事ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)の劇場版第1弾「相棒‐劇場版‐ 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」(2008年)が、1月12日午後8時から同局系で放送される。警視庁の窓際部署「特命係」の杉下右京(水谷豊さん)と、“初代相棒”の亀山薫(寺脇康文さん)が、連続爆弾テロの裏にある国家の陰謀に挑む姿が描かれる。

 東京郊外の巨大なテレビ塔で元ニュースキャスターの仲島の遺体が発見される。現場には「f6」という暗号めいた記号が残されていた。その頃、特命係の右京と薫は、爆弾テロのターゲットとなってしまった衆議院議員・片山雛子(木村佳乃さん)の警備を命じられる。予告どおり雛子は爆発物で襲われるが、なんとか難を逃れ海外視察へと出発。しかし、襲撃現場には「d4」という記号が……。

 右京と薫は会員制ウェブサイトのSNS内に「処刑リスト」という掲示板を発見し、仲島と雛子の事件が予告されていたことを知る。さらに、2週間前に事故死していた判事の名前もリストの中に残されていた。その現場で「e4」という記号を発見した右京は、これまで発見された暗号がチェスの手を示す「棋譜記号」であると確信。一連の事件には関連があると推理する。捜査1課が手詰まりになるなか、右京は独自に捜査を始め、「処刑リスト」を管理者から乗っ取ったという謎の人物を突き止めるが、驚愕(がく)の事実が発覚する。

 映画には、川原和久さん、大谷亮介さん、山中崇史さん、六角精児さん、岸部一徳さん、原田龍二さんらが演じるテレビシリーズおなじみの人物が登場するほか、本仮屋ユイカさん、柏原崇さん、岸谷五朗さん、西田敏行さんら豪華俳優陣も出演。また、故・平幹二朗さん、故・津川雅彦さんも出演する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事