鎌倉殿の13人:草笛光子“比企尼” 頼朝の乳母、長きにわたり援助を続ける大恩人

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で草笛光子さん演じる比企尼 (C)NHK
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で草笛光子さん演じる比企尼 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)が1月9日にスタートした。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作。「真田丸」のとり役も話題となった草笛光子さんが、今作では比企尼に扮(ふん)する。

 草笛光子“比企尼”について、ドラマの公式ツイッターは、「源頼朝の乳母。頼朝が流罪となり伊豆へ流されると同じく都から坂東へ下り、以来、20年にわたり援助を続ける頼朝の大恩人」と紹介。

 草笛さんは昨年の出演発表の際、「不遇時代の頼朝を支えた最大の功労者と言われている方、頼朝が伊豆に流されてから20年にもわたり支えたそうです。三谷さんの作品ですから一筋縄ではいかないでしょう。覚悟してお待ちしています。演技力、人間味を兼ね備えた魅力ある役者さんたちとご一緒できることで、私も若返ります!」と意気込んでいた。

 1月16日放送の第2回の副題は「佐殿の腹」。罪人・源頼朝(大泉洋さん)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之さん)。しかし、北条義時(小栗さん)の父・時政(坂東彌十郎さん)が頼朝をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健さん)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼さん)が現れる。一方、目まぐるしい展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子さん)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る