大雪海のカイナ:弐瓶勉×ポリゴン・ピクチュアズの新プロジェクト テレビアニメが+Ultraで2023年1月スタート マンガ連載も

「大雪海のカイナ」の原案ビジュアル(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会
1 / 3
「大雪海のカイナ」の原案ビジュアル(C)弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

 マンガ「人形の国」「シドニアの騎士」「BLAME!」などの弐瓶勉さんとポリゴン・ピクチュアズがタッグを組んだ新プロジェクト「大雪海のカイナ」が始動することが1月20日、分かった。弐瓶さん原作、武本糸会さん作画のマンガの連載が2月26日発売の「月刊少年シリウス」(講談社)でスタートし、テレビアニメが2023年1月からフジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で放送される。テレビアニメは米国のアニメ配信サービス大手のクランチロールでも配信される。

 「大雪海のカイナ」は、雪海(ゆきうみ)によって大地が消えかけた異世界が舞台のファンタジー。巨木・軌道樹(きどうじゅ)の頂から広がる天膜(てんまく)の上で暮らしていた少年カイナと、地上の少女リリハが出会い、滅びかけた世界を変える物語が始まる……という展開。テレビアニメは「亜人」などの安藤裕章さんが監督を務め、村井さだゆきさん、山田哲弥さんが脚本を担当する。

 弐瓶さんは「『大雪海のカイナ』は長い時間をかけて関わってきた物語です。自分のアイデアがほかの方々の手によって形づくられていくのは、描いたマンガを映像化してもらうのとは少し違った、不思議な感じです。まずは武本糸会先生のマンガとして、その後はアニメとして、この作品を皆さんに楽しんでもらえればうれしいです!」とコメントを寄せている。

 プロジェクトPVがYouTubeで公開され、雪海に覆われた世界や天膜、カイナとリリハの出会いが描かれた。カイナとリリハが描かれた原案イラストも公開された。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事