妖怪シェアハウス:ドラマ続編&映画化決定 小芝風花、松本まりから続投

続編と映画化が決まった連続ドラマ「妖怪シェアハウス」の出演者ら=テレビ朝日提供
1 / 1
続編と映画化が決まった連続ドラマ「妖怪シェアハウス」の出演者ら=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演で2020年8~9月に放送された連続ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)の続編「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」が4月から放送されることが1月21日、明らかになった。主人公・目黒澪(めぐろ・みお)を演じる小芝さんのほか、お岩さん/四谷伊和役の松本まりかさん、酒呑童子/酒井涼役の毎熊克哉さん、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえさん、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二さんが続投。併せて、映画「妖怪シェアハウス」が6月に公開されることも発表された。

 「妖怪シェアハウス」は、ダメ彼氏にだまされ、妖怪たちが生活するシェアハウスにたどり着いた澪(小芝さん)が、おせっかいな妖怪たちに助けられながら成長していく姿を描く。

 前作では澪が小説を書きたいという夢を見つけ、“妖怪ヒラキナオリ”としてシェアハウスから羽ばたいていったが、続編では再びボロボロになった澪がシェアハウスに“里帰り”。再び妖怪たちと一緒に暮らすことになる。

 小芝さんは「本当にうれしかったです! 1作目を撮っているときも『シーズン2があったらいいね』という話をしていたんです。その夢がかなうなんて、本当に幸せな気持ちでいっぱいです」とコメント。映画化については「この作品を、大きなスクリーンで2時間も見られるんだって思いました。30分のドラマでもボリューム満点で満足感がある作品だと思うので、2時間もこの世界観をたっぷりと堪能できるといううれしさもありますね」と語った。

 「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」は、4月から毎週土曜午後11時~同30分に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る