ファイトソング:「邪魔とか妨害ってさ…」“凛”藤原さくらの“恋愛論”が話題 “慎吾”菊池風磨とのやり取りにも「激かわ」「尊い」

連続ドラマ「ファイトソング」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「ファイトソング」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)第2話が1月18日に放送された。花枝(清原さん)のことが好きな幼なじみの慎吾(菊池風磨さん)に、同じく幼なじみの凛(藤原さくらさん)が「邪魔とか妨害ってさ、恋の後押しするだけだって知ってた?」と話すシーンが登場。ドラマでは、凛が慎吾を意味ありげに見つめる姿も描かれており、視聴者から「凛ちゃんと慎吾似たもの同士」「凛自身もずっとそう思ってきたんだろうなあ」「凛ちゃんが一番慎吾の気持ち、分かるよね」と反響を呼んだ。

 第2話では、花枝が「あさひ学園」の施設長・直美(稲森いずみさん)たちに、ずっと聴いていた勝負曲の作者・芦田(間宮祥太朗さん)との運命的な出会いを報告。慎吾が経営する「サンシャインクリーニング」のアルバイトとして訪問した先が芦田の家で、自分のために曲を歌ってくれたとうれしそうに話す花枝に、慎吾はモヤモヤするばかりだった。

 その矢先、再び芦田から「サンシャインクリーニング」に清掃依頼が入る。それに気づいた慎吾は、こっそり花枝とシフトを入れ替え、自らが“偵察”に向かう……という展開だった。「恋ってのは人を小さくするね」と自嘲気味にこぼす慎吾へ凛がかけた言葉に、SNSでは「凛ちゃんも切ない」という声が相次いだ。

 また、慎吾の話に凛が「ほんとちっせえな」とリアクションし、慎吾が「だから小せえっつってんだろ」と返す掛け合いも見られ、視聴者の間では「凛ちゃんと慎吾ちゃんの幼なじみ感満載のやり取り激かわなんすけど!?」「凛ちゃんと慎吾の関係めっちゃよき」「凛ちゃんと慎吾やっぱ尊い」と、2人の会話にも注目が集まった。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事