DCU:第2話 “新名”阿部寛&“瀬能”横浜流星のわだかまり解けず 殺人事件が発生

俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「DCU」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 9
俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「DCU」の第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第2話が、TBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で1月23日に15分拡大スペシャルで放送される。

 新名(阿部さん)と瀬能(横浜流星さん)のわだかまりが解けぬまま、殺人事件が発生。DCUメンバーは死体発見現場の北能登の港へ向かう。被害者は密漁者と戦う地元漁師のリーダー。新名は地元刑事の坂東(梶原善さん)と共に捜査に乗り出す。

 現場には水産物研究所の建設計画があり、5日後にロシアから政府高官が視察に来る予定が迫っていた。新名はその前に事件を解決するよう命じられ、西野(高橋光臣さん)たちに日本海に沈む遺留品を捜すよう指示を出す。そこへ地元の市議会議員・岡部(古田敦也さん)が現れる。

 陸を捜査する新名と瀬能は、被害者の下で技能実習生として働いていた外国人に聞き込みをすることになり……。

 「DCU」は、TBSが海外の大手制作会社ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作。水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く。阿部さん演じるDCU隊長の新名正義が、横浜流星さん演じる瀬能陽生ら個性豊かなメンバーと水中のさまざまな難事件を解き、裏に潜む悪に立ち向かっていく。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事