カムカムエヴリバディ:ベリーの本名が明らかに! 関連ワード続々トレンド入り るいの「誰?」に「爆笑」の声

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第59回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第59回の一場面 (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第59回が1月25日に放送。ベリー(市川実日子さん)の本名がついに明らかになり、ツイッターでは関連ワードが続々とトレンド入りするなど、話題となった。

 錠一郎(オダギリジョーさん)を信じると心に決めたるい(深津さん)は、錠一郎が泊まる宿に献身的に通い続けるが、錠一郎はその気持ちを受け入れることができない。ある日、ラジオから流れる「On the Sunny Side of the Street」を聴いたるいは、いてもたってもいられなくなり、錠一郎の元へ駆けつけると、そこには錠一郎はおらず、トミー(早乙女太一さん)の姿が。トミーは錠一郎と一緒に病院に行くことになっていたが……という展開。

 冒頭、クリーニング店にやってきたベリーは、洗濯物をお願いしつつ、るいを励ます。洗濯物の伝票に名前と住所を書くよう、るいに促されると、そこには「野田一子」と本名が書かれていた。るい(深津さん)は思わず「誰……?」と目を丸くする。

 SNSでは「野田一子」「ベリーの本名」「ベリーちゃんの本名」がトレンド入り。「野田『いちこ』だから『いちこ→いちご→ベリー』だったのね」「正解は、一子やった」「古風だなあ」といった反響があったほか、「るいちゃんの『誰……?』で爆笑」「るいちゃんの誰? から顔を見る間が完璧やったなw」という声もあった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る