カムカムエヴリバディ:“ベリー”一子が結婚、視聴者から祝福の声相次ぐ 「おめでとう」「幸せになって」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で“ベリー”こと野田一子を演じる市川実日子さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で“ベリー”こと野田一子を演じる市川実日子さん (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第62回が1月28日に放送。“ベリー”こと一子(市川実日子さん)が結婚することになり、視聴者から祝福の声が相次いだ。

 第62回では、回転焼き屋をオープンさせたるい(深津さん)と錠一郎(オダギリジョーさん)。一子のおかげで近所からの評判も良くなり、徐々に売れ行きが上がっていく。しかしるいは、トランペットの演奏以外、何もできない錠一郎でもできる仕事はないかと悩んでいた。運良く自転車を手に入れたものの錠一郎は乗れず、近所の子供たちと練習する毎日。そんなある日、るいが倒れたと知らせが入る……という展開。

 一子から回転焼き200個の発注を受け、量の多さに驚くるい。結婚式で出すデザートだといい、るいが「誰の(結婚式)?」と聞くと、一子は「私の」と笑みを浮かべながら返答。短大卒業後にお見合いをしたといい、お相手は日本舞踊の師匠だという。

 SNSでは「一子ちゃんおめでとうー!!」「踊りの家元との結婚は大変そうですが、一子ちゃんならきっと大丈夫」「俺たちのベリーさんもとい一子さんどうか幸せになって」「はにかむベリーちゃん可愛いww」「一子ちゃんの結婚が幸せなものでありますように」といった声が上がっていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事