ドクターホワイト:第7話 “白夜”浜辺美波が衝撃発言 “麻里亜”瀧本美織の元カレがCDTを受診

連続ドラマ「ドクターホワイト」第7話の場面写真=カンテレ提供
1 / 9
連続ドラマ「ドクターホワイト」第7話の場面写真=カンテレ提供

 女優の浜辺美波さん主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第7話が2月28日に放送される。「次の誕生日までは生きられない」という白夜(浜辺さん)の告白に言葉を失う将貴(柄本佑さん)。白夜は幼少期からの記憶を少しずつ語り始める。

 仕事一筋で、長く恋愛から遠のいている麻里亜(瀧本美織さん)は、元恋人の伊勢崎隼人(時任勇気さん)と偶然再会。交際当時は職なし、モラハラ、浮気性と最低最悪な彼氏だったが、今は投資会社のCEOという。麻里亜は久しぶりに胸の高鳴りを覚えるが、麻里亜に思いを寄せる将貴は気が気でない。

 隼人は体の不調で受診したものの、原因不明で各科をたらい回しにされているという。総合診断協議チーム「CDT」はメンタル面の問題と診断。隼人は西島(片桐仁さん)のカウンセリングを受けるため通院を始め、麻里亜に「もう一度やり直したい」と告白する。

 しかし、話の途中で突然いら立ちをあらわにしたり、翌日にはそれを忘れていたりと、おかしな症状が続き、ついには倒れてしまい…。

 原作は「金田一少年の事件簿」などで知られる樹林伸さんの小説「ドクター・ホワイト」シリーズ(角川文庫)。医師ではないが、医療知識豊富な正体不明の女性・雪村白夜がCDTに加入し、医師たちの診断を覆して患者の命を救う医療ミステリー。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る