真犯人フラグ:“どっち刑事”最後の小話は「最後の晩餐」 「何食ってもうめぇってやつが最後に笑うんだ」 “おっちー”のカニカマには「草」

ドラマ「真犯人フラグ」の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「真犯人フラグ」の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)最終第20話が3月13日に放送された。人生について考えさせられる小話をたびたび披露してきた阿久津(渋川清彦さん)の最後の小話は、「最後の晩餐(ばんさん)」にまつわる話だった。

 ドラマは「あなたの番です」(2019年、同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・凌介(西島さん)の闘いを描いた。

 最後の小話は、阿久津と落合(吉田健悟さん)が、一連の事件の“真犯人”として逮捕された河村(田中哲司さん)とパトカーに乗っているシーンで登場した。

 「最後の晩餐は何がいい?」と問いかける阿久津に落合は「カニカマです」と答える。一方、阿久津は「迷っている間に死ぬと思う。決めたところで無意味なんだよ。味覚も好みも変わる。人生、全部自分の思い通りっていうわけにはいかない」と語る。「それだとみんな最後の晩餐で後悔しながら死ぬってことになりません?」と尋ねる落合に、阿久津は「毎日、毎日、何食ってもうめぇ、うめぇって言っているやつが最後に笑うんだよ」と話した。

 SNSでは「最後の晩餐についての阿久津刑事のせりふを心に留めておきたい」「最後の晩餐深いいぃ…」「一番泣いたのは刑事さんの最後の晩餐の話だった」「最後の晩餐の話する阿久津刑事のせりふでなぜか涙腺崩壊」といったコメントが続々。カニカマと答えた落合に対し、「おっちーよ、最後の晩餐がカニカマで良いのか?」「最後の晩餐カニカマは草」といった声も上がった。

テレビ 最新記事