竹内涼真:人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」日本でリメーク 「六本木クラス」で主人公に 髪形も一新!

連続ドラマ「六本木クラス」に主演する竹内涼真さん=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「六本木クラス」に主演する竹内涼真さん=テレビ朝日提供

 大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」が、俳優の竹内涼真さん主演でリメークされ、連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)として7月期に放送されることが4月25日、明らかになった。

 「梨泰院クラス」は、2020年1~3月に韓国で放送。同年3月から動画配信サービス「Netflix」で配信され、日本でもブームになった。絶望のふちに立たされた青年が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく、仲間と共に立ち向かう“下克上”を描く。

 「六本木クラス」は、東京・六本木が舞台。韓国のマンガ「梨泰院クラス」を原作者のチョ・グァンジンさん自身が設定を日本に置き換え、マンガ配信サービス「ピッコマ」で掲載中の「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。日韓共同プロジェクトとして、ドラマ版「梨泰院クラス」の脚本担当のチョさんや、演出担当のキム・ソンユン監督らの協力により、ドラマ化が実現した。

 竹内さんは、絶対的な権力者に立ち向かう主人公・宮部新を演じる。「梨泰院クラスが日本で話題になっていたのはもちろん知っていましたし、僕も見ていて本当に素晴らしいドラマだと思っていたので、六本木クラスのお話をいただいた時はびっくりしました。そういった作品の舞台を東京に変えてリメークできることはすごいですし、僕を選んでいただけたことも光栄ですので、全力で頑張りたいなと思いました」と語っている。

 「梨泰院クラス」の主人公パク・セロイは髪形が特徴的だったが、竹内さんは「ヘアスタイルについてはスタッフの皆さんといろいろ相談しました。原作マンガや『梨泰院クラス』でのパク・ソジュンさんがとても印象的な髪形をされていてトレードマークになっていましたが、今回全く同じ髪形にする案もあり、切っている途中で一度はその髪形にしたり、また坊主(丸刈り)という案も出たり、さまざまな案が出ました。そんな中で、僕の中の宮部新のイメージやスタッフさんが持たれるイメージのいいところをすり合わせていったら、この髪形に至りました」と話している。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事