福原遥:「ほっこりさせる方」とCPが今後に期待 次期朝ドラ「舞いあがれ!」撮影快調 現場も「良い雰囲気」

2022年度後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインを演じる福原遥さん
1 / 1
2022年度後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインを演じる福原遥さん

 NHK大阪放送局(大阪市中央区)の局長定例会見が5月12日に開催され、2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」の制作統括の熊野律時チーフプロデューサー(CP)が出席。同作は4月8日にクランクインし、熊野CPは「(ヒロインを演じる)福原遥さんご自身が明るい方で、共演者を含めて(現場スタッフが)仲良くなり、良い雰囲気で撮影は進んでいます。このまま積み重ねていけば、毎朝楽しみになるヒロインになると感じています」と期待を込めた。

 福原さん演じるヒロイン・舞は「大変な向かい風に対して、しなやかに顔を上げ、空を見上げていく」キャラクターになるといい、「福原さんはほっこりした気持ちにさせていただける方なので、ご覧いただくみなさんに毎日見たいと思うヒロインになっていただける」と語った。

 「舞いあがれ!」は“ものづくりの町”として知られる東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島を舞台とする作品になる。脚本は、NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんが担当。1990年代から現代、ヒロインが東大阪と五島列島で、さまざまな人と絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。

テレビ 最新記事