悪女(わる):“小野”鈴木伸之と“山瀬くん”高橋文哉 ジムで急接近!? 「キスする距離」「関係気になりすぎる」

連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第6話の一場面=日本テレビ提供
1 / 9
連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第6話の一場面=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が5月18日、放送された。ジムで筋トレをする小野忠(鈴木伸之さん)と山瀬修(高橋文哉さん)のやりとりに、「関係気になりすぎる」「面白くなってきた~!」と視聴者の間で反響を呼んだ。

 ドラマの原作は、女性向けマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で1988~97年に連載された深見じゅんさんの「悪女(わる)」で、30年ぶりに再ドラマ化。運良く大手IT企業に入社したものの窓際部署に配属された田中麻理鈴(今田さん)が、クセ者社員らの抱える問題にぶつかりながら、出世の階段を駆け上がる姿を描く。

 第6話では、麻理鈴が入社2年目に突入。清掃アルバイトだった山瀬が営業4課に配属され、麻理鈴に後輩ができる。張り切る麻理鈴の最初の仕事は、老舗アパレルメーカーからの出店料回収。麻理鈴は先輩の務めを果たそうとするも空回りし、小野に助けを求める……という展開だった。

 麻理鈴が憧れるのはT・Oさん(向井理さん)だが、山瀬は小野をT・Oさんと勘違い。麻理鈴に好意を抱く山瀬は、小野を敵視してしまう。小野とジムに行くことになった山瀬は、小野に「お前、田中のことが好きなんだろ? 顔に出すぎだ、青二才」と指摘される。

 その後、再びジムに行く2人。社内で情報収集し、T・Oさんの正体を突き止めた山瀬は、小野に報告。さらに、峰岸雪(江口のりこさん)とT・Oさんが進める計画を小野にちらつかせる。小野が「仕事の話か? 教えろよ」と顔を近付けて問い詰めると、山瀬は「どうしようかなあ」と、ニヤリとした。

 2人の筋トレ姿に、SNSでは「イケメンのジム姿、良すぎる」「鈴木伸之と高橋文哉の顔面強い」「小野くんと山瀬くんの関係気になりすぎるジム仲間www」「小野忠と山瀬くんが仲良くなってるのがほほえましい回でした」といったコメントが並んだ。

 2人が顔を近付ける場面では「顔ちか」「キスする距離じゃん?」「どうしようかなあの山瀬くん好きすぎた」といった声が上がった。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画