パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~:第5話 未知のウイルス 人が急激に老化、死亡する怪事件に挑む

連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第5話の一場面=日本テレビ提供
1 / 6
連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」第5話の一場面=日本テレビ提供

 俳優のディーン・フジオカさん主演の連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が5月21日に放送される。予告映像には「急速に老化する 未知のウイルス」などの文字が並ぶ。

 小比類巻(こひるいまき)祐一(ディーン・フジオカさん)ら科学犯罪対策室は、女性の変死事件を捜査する。街中で突然倒れた35歳女性の死因が老衰と診断される。身元はサイエンスライターの速水(栗山千明さん)。最上友紀子(岸井ゆきのさん)の大学の先輩で、最上に「話したいことがある」と3年ぶりに会いに来る途中、体が急激に老化して亡くなったのだ。

 速水はかつて最上と共にウイルスを研究していた。速水が未知のウイルスに感染していたと判明すると、最上は共同研究での出来事を小比類巻と長谷部に語り、科学界から退いた真相を明かす。

 速水同様、急激な老化で亡くなった男性・河合(松本実さん)の遺体が発見されて……。

 ドラマは、科学犯罪対策室を創設した理系出身の警察官僚・小比類巻が、天才科学者・最上をアドバイザーに迎え、最先端科学にまつわる事件を捜査する姿を描く。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事