吉祥寺ルーザーズ:第7話 “舞”田島芽瑠の秘密を握る男たちが登場

連続ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」第7話の一場面(C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会
1 / 7
連続ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」第7話の一場面(C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

 人気グループ「NEWS」の増田貴久さん主演の連続ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)第7話が5月23日に放送される。

 望月舞(田島芽瑠さん)が彼氏の伊東正(岡宏明さん)と泥酔状態で帰宅。自称“博多の売れっ子ホスト、海斗”こと正は舞に会うため上京したというが?

 舞の働くコンカフェ店員のトーコ(喜多乃愛さん)から、舞を訪ねて怪しい男が来店していると安彦聡(増田さん)に連絡が。その男によると、舞は彼氏にだまされて詐欺の片棒を担がされているという。

 舞の秘密を握る男2人。果たして住人たちは無事、舞を救えるのか……。

 企画・原作は放送作家・作詞家の秋元康さん。人生の“負け組”6人が、東京・吉祥寺の謎めいたシェアハウスで暮らす日々を描くシチュエーションコメディー。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画