汝の名:最終回 “陶子”山崎紘菜、“久恵”北乃きいを呼び出す

女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演の連続ドラマ「汝の名」最終回の一場面(C)テレビ東京
1 / 3
女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演の連続ドラマ「汝の名」最終回の一場面(C)テレビ東京

 女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演のテレビ東京連続ドラマ「汝(なんじ)の名」(火曜深夜0時半)最終回が5月24日に放送される。

 久恵(北乃さん)は、洗面所の鏡に口紅で書かれた「お馬鹿さん」の文字を見て膝から崩れ落ちる。その頃、陶子(山崎紘菜さん)はホテルの一室で、久恵のぶざまな姿を思い、笑いが止まらなくなっていた。

 食べ物に薬を盛られていることに気づいた陶子は、薬の摂取量を減らし、体力を回復させ、逃げ出す機会を探っていたのだった。偶然、恭平(京典和玖さん)の電話に出た陶子は、恭平に指示し、久恵を出し抜くことに成功する。

 3カ月後、元の美貌を取り戻した陶子は、“思い出の場所”に久恵を呼び出す。邪魔者扱いしたことをわび、今後は関わりを持たない、と久恵に伝えた陶子は、亮介(NAOTOさん)の元へ帰っていく。久恵もまた、自らの人生を歩きだし、婚約者と幸せな生活を送るようになるが……。

 原作は明野照葉さんの同名小説新装版(中公文庫)。女王様と奴隷のような関係を築き上げた、勝ち組の“姉”と負け組の“妹”の奇妙な関係を描くホラーサスペンス。山崎さんは会社社長の麻生陶子、北乃さんは引きこもりの久恵を演じる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事