未来への10カウント:第7話 ボクシング部が無期限活動停止! “桐沢”木村拓哉、自宅謹慎の“西条”村上虹郎の元へ

連続ドラマ「未来への10カウント」第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「未来への10カウント」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7話が5月26日に6分拡大スペシャルで放送される。

 弱小・松葉台高校ボクシング部と、強豪・京明高校の練習試合が始まる。松高のコーチ・桐沢祥吾(木村さん)の選抜した出場メンバーは、苦戦しながらも全力で対戦。

 ところが、松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈さん)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋さん)に再度挑もうとしていた時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、練習試合にも姿を見せなかった1年・西条桃介(村上虹郎さん)が上級生2人に殴りかかった、と緊急呼び出しがあり、あかりの試合は中止になる。

 西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は無期限の活動停止を言い渡される。とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにする部員たち。

 だが、桐沢は西条を責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。部員たちの気持ちが痛いほど分かる顧問の折原葵(満島ひかりさん)は、桐沢の対応を非難する。

 桐沢にはこの一件で引っ掛かることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の家を訪問。「本当のことを言え」と語り掛ける桐沢に、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向けてしまい……。

 脚本は木村さん主演の「HERO」シリーズ(2001~15年)や「CHANGE」(2008年、共にフジテレビ系)の福田靖さん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事