未来への10カウント:最終回 “桐沢”木村拓哉にプロポーズした“葵”満島ひかり 結婚には壁が

連続ドラマ「未来への10カウント」最終回の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「未来への10カウント」最終回の一場面=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系、木曜午後9時)最終第9話が6月9日に15分拡大スペシャルで放送される。

 松葉台高校でボクシング部のコーチと非常勤講師を続けながら、コロナウイルスの影響で潰れた焼き鳥店も再開した桐沢祥吾(木村さん)。度重なる不幸に見舞われ、生きる希望を喪失していた頃とは一転。止まっていた時間を取り戻すかのように人生を全力で突進していた。

 桐沢への思いがあふれ出し、いきなりプロポーズしたボクシング部顧問・折原葵(満島ひかりさん)。葵の息子・圭太(川原瑛都くん)も桐沢に父親になってほしいと切望。しかし2人の結婚にはもう一つ壁があった。

 桐沢はようやく焼き鳥店の開店日を迎える。だがその矢先、桐沢は部員たちを指導している最中に倒れてしまい……。
 
 脚本は木村さん主演の「HERO」シリーズ(2001~15年)や「CHANGE」(2008年、共にフジテレビ系)の福田靖さん。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事