生田絵梨花:7月期「オールドルーキー」で初の日曜劇場レギュラー 綾野剛の“義妹”に 

7月期の連続ドラマ「オールドルーキー」に出演する生田絵梨花さん(C)TBS
1 / 1
7月期の連続ドラマ「オールドルーキー」に出演する生田絵梨花さん(C)TBS

 女優の生田絵梨花さんが、7月期にTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で放送される連続ドラマ「オールドルーキー」に出演することが6月8日、明らかになった。生田さんは2019年4月期の日曜劇場「集団左遷!!」に「銀行のイメージガール」として登場していたが、同局のドラマにレギュラー出演するのは今作が初めて。主人公・新町亮太郎(綾野剛さん)の妻・果奈子(榮倉奈々さん)の妹のグルメライター・糸山留美(いとやま・るみ)を演じる。

 自由人で「人生楽しんだ者勝ち!」がモットーの留美は、果奈子がママ友には話せないような本音を吐き出せる良き相談相手。果奈子の悩みに寄り添ったアドバイスができる頼りがいのある妹だ。また、スポーツマネジメント会社で働く新町に、分からないことをライターの立場から教えてくれる心強い味方でもある。

 生田さんは「初めて日曜劇場にレギュラー出演させていただけること、とてもうれしく思います。スポーツマネジメントを描いた脚本がとても面白く、読み進める手が止まりませんでした。一視聴者としてもドラマを見るのが今から楽しみです」とコメント。留美を演じるにあたっては、「姉の良き理解者として、何でも言い合えるようなステキな姉妹関係を築いていけたらと思います」と語った。

 ドラマは、「HERO」や「海猿」シリーズ、NHK連続テレビ小説「まんぷく」などを手がけた福田靖さんが脚本を担当するオリジナル作。現役を引退したサッカー元日本代表の新町が、現役アスリートの代理人やマネジメントを行う「ビクトリー」で働きながら、セカンドキャリアを歩む姿を描く。

テレビ 最新記事