鎌倉殿の13人:関智一が初登場! “朝廷の実力者”土御門通親役 「めちゃくちゃ声がよく通る公家」「なじんでてすごい」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で土御門通親を演じる関智一さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で土御門通親を演じる関智一さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第24回「変わらぬ人」が6月19日に放送され、人気声優の関智一さんが、土御門通親(つちみかど・みちちか)役で初登場した。

 演じる土御門通親は九条兼実(田中直樹さん)の政敵。朝廷の実力者で、源頼朝(大泉洋さん)と接近する。

 同回では、兼実の前では「頼朝など放っておけばよい!」と言い放つ一方で、2度目の上洛(じょうらく)を果たした頼朝と接触し、意味ありげに笑い合うなど、存在感を発揮。

 SNSでは「関さん?」「関さんキターー!!」「あ、スネ夫」「そしてスネちゃまーー」などとファンは反応。「わー関さんの声だ!(当たり前)」「めちゃくちゃ声がよく通る公家がいる」「いい声だ>土御門」「うはw真っ黒」「ギルガメッシュ味あるw」「なじんでてすごいんだがww」と盛り上がった。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事