ちむどんどん:「アッラ・フォンターナ」“大混乱” 「二ツ橋さん不在だと全くの機能不全」「辞めていたらどうなったんだろう」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第52回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第52回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第52回が6月21日に放送された。同回では、料理長・二ツ橋(高嶋政伸さん)不在の「アッラ・フォンターナ」が大混乱。その存在の大きさを改めて認識した視聴者からさまざまな声が上がった。

 同回では、ケガをして入院することになった二ツ橋の代わりに、オーナー・房子(原田美枝子さん)が暢子をシェフ代行に指名する。矢作(井之脇海さん)をはじめ、厨房(ちゅうぼう)の先輩シェフたちには衝撃が走り、「親戚びいきだ」という不穏な空気が広がって……と展開した。

 暢子はシェフ代行に指名されたことに喜ぶが、当日はてんやわんやに。オーダーミスや、的確ではない暢子の指示に、先輩シェフたちもイライラが募り、厨房は険悪な雰囲気に包まれる。

 そんな中、客としてやって来ていた東洋新聞社の和彦(宮沢氷魚さん)が、上司である編集局長・笹森哲也(阪田マサノブさん)とトラブルを起こしてしまい、店内が荒れてしまう事態も発生した。

 SNSでは「殺伐としてるぜフォンターナ……」「二ツ橋さん不在だと全くの機能不全」「二ツ橋さんが本当に辞めていたらどうなったんだろう汗」「フォンターナは二ツ橋さんに負担掛けすぎてる」といった視聴者の声が上がっていた。

テレビ 最新記事