ちむどんどん:部下思いの田良島さんに視聴者拍手喝采 「左遷されないことを願う」と心配も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で山中崇さんが演じる田良島甚内(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で山中崇さんが演じる田良島甚内(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第52回が6月21日に放送され、東洋新聞社学芸部のデスク・田良島(山中崇さん)の“部下思いの行動”に、視聴者から「カッコよすぎる田良島さん!」「ただただいい人」といった声が相次いだ。

 第52回では「アッラ・フォンターナ」に、記者の和彦(宮沢氷魚さん)、同僚で恋人の愛(飯豊まりえさん)、田良島、そして編集局長・笹森哲也(阪田マサノブさん)が来店する。それは、和彦のために田良島が用意した“一席”だった。

 和彦は、東洋新聞にのった広告記事の「おいしいご飯を作るのはお母さんの仕事」というコピーに、「男女の役割分担を固定化するもの」と憤慨。和彦は愛と共に、上司の田良島に「我々の見解をはっきり打ち出すべきだ」と掛け合った。

 対して、田良島は「青臭い生意気ばっかり言いやがって」と言いつつも、「思った通り書いてみろ、俺が上に当てる」と和彦の背中を押したところ、和彦の書いた原稿を読んだ営業部長が激怒。そこで、田良島は編集局長の笹森と話し合う場を設けた。しかし、笹森は聞く耳持たずで、酔い潰れたまま田良島、和彦に絡み、店内は荒れてしまって……と展開した。

 編集局長との話し合いの場はメチャクチャになってしまったが、部下のために奔走する田良島に、SNSでは「田良島さん、いい上司すぎるだろ」「田良島さんほんといいキャラ」「良島さんが左遷されないことを願う」といった声が次々に書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画