相棒:“亀山薫”寺脇康文が14年ぶりタッグ season21で5代目相棒に 水谷豊「杉下右京は何度か夢見ていたに違いない」

10月スタートの「相棒season21」で再びタッグを組む水谷豊さん(左)と寺脇康文さん=テレビ朝日提供
1 / 3
10月スタートの「相棒season21」で再びタッグを組む水谷豊さん(左)と寺脇康文さん=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の杉下右京(水谷豊さん)の“5代目相棒”が、俳優の寺脇康文さんが演じる亀山薫に決まったことが6月23日、明らかになった。亀山薫は「プレシーズン」第1弾(2000年6月3日放送)から「season7」第9話(2008年12月17日放送)まで、足掛け9年、計124話にわたり右京の相棒を務めた「初代相棒」。今回、10月スタートの最新シーズン「相棒season21」で、薫が特命係を離れてから一度も顔を合わせていなかった2人が再会を果たし、約14年ぶりにタッグを組む。

 水谷さんは「亀山くんが帰ってくる。そんな日が来ることを、杉下右京は何度か夢見ていたに違いない。過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうための再会を、右京は淡々と待っていたに違いない」と再会を喜ぶ。

 寺脇さんは「まず初めに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14年ぶりに、僕の分身“亀山薫”を演じることができる機会をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。「何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる“右京さん”と、また相棒として、夢のような時間を共にできることを本当にうれしく思っております」と感謝した。

 そして「仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります! 今、はやりの言葉にすると、“シン亀山薫”でございます! 特命係を去って、サルウィンに渡った薫ちゃんが、どうやって戻ってくるのか! 皆さん! 楽しみに待っていてくださいね!」と呼び掛けた。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の杉下右京が天才的頭脳で推理し、“相棒”と共に数々の難事件を解決していく姿を描く刑事ドラマ。2000年にスタートし、これまで亀山薫、神戸尊(及川光博さん)、甲斐享(成宮寛貴さん)、冠城亘(反町隆史さん)と4人の“相棒”が誕生した。

 前シーズン「相棒 season20」のラストでは「4代目相棒」の亘が、かつての上司である法務省法務事務次官・日下部彌彦(くさかべ・やひこ、榎木孝明さん)からのスカウトもあり、公安調査庁への異動を決意。特命係を自ら去る……という形で、歴代相棒の中では最多となる登場回数138回でシリーズを“卒業”。5代目の人選に注目が集まっていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事