金曜ロードショー:「2週連続 細田守監督作品」第1夜「時をかける少女」 仲里依紗らが声優

劇場版アニメ「時をかける少女」のビジュアル(C)「時をかける少女」製作委員会2006
1 / 10
劇場版アニメ「時をかける少女」のビジュアル(C)「時をかける少女」製作委員会2006

 7月1日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系、金曜午後9時)は「2週連続 細田守監督作品」第1夜として劇場版アニメ「時をかける少女」(2006年)を本編ノーカットで放送。原作は筒井康隆さんの少年少女向け名作小説。時間を自由に行き来できるタイムリープの能力を手にした少女の物語だ。

 高校2年生の真琴は、級友の千昭、功介と、放課後に野球やカラオケをする日々を過ごす、ごく普通の女の子。ある日、叔母の和子の元に寄ろうと自転車をこいでいると、ブレーキの故障で踏切に突っ込んでしまい、タイムリープの力を手にする。

 好き勝手に能力を使っていた真琴だが、ある日、千昭に突然告白され、それを無かったことにするために何度も時間を行き来していると、時間操作の影響で同級生の高瀬がイジメに遭うなど、思わぬ事態が発生し……。

 女優の仲里依紗さんが真琴の声を担当。石田卓也さん、板倉光隆さん、原沙知絵さん、谷村美月さんらも声優として出演した。

 次週8日は「2週連続 細田守監督作品」第2夜として、2021年公開のヒット作「竜とそばかすの姫」を本編ノーカットで地上波初放送。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事