中村倫也:赤楚衛二は“ファンタジスタ” 本番で天然っぷり披露も「そっちの方が面白くなる」

ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」記者会見に出席した(左上から時計回りに)赤楚衛二さん、さだまさしさん、おいでやす小田さん、中村倫也さん、有村架純さん(C)TBS
1 / 1
ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」記者会見に出席した(左上から時計回りに)赤楚衛二さん、さだまさしさん、おいでやす小田さん、中村倫也さん、有村架純さん(C)TBS

 俳優の中村倫也さん、赤楚衛二さんが7月1日、神奈川県内で行われた7月8日スタートの連続ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系、金曜午後10時)の記者会見に登壇した。共演者のエピソードトークでは、中村さんが赤楚さんの“天然っぷり”を明かした。

 中村さんは「ネタバレになるので言えない部分もありますが、『何々されました』というせりふなのに、本番で(赤楚さんが)『何々しました』と言っていて。自分がやったことになってしまったんですよね(笑い)。そういうファンタジスタなところがあります」と暴露。

 続けて、中村さんは「彼と芝居をするときはいつでもアドリブでツッコめるようにしています。そっちの方が面白くなる」と、赤楚さんの天然さが作品を盛り上げていることにもつながっているという。

 赤楚さんは「いつも拾ってもらって助けていただいています」と笑顔。さらに「暑いなと思ったときに、中村さんがコーヒーくれるんです」と先輩の優しさに感謝していた。

 会見には、有村架純さん、さだまさしさん、おいでやす小田さんも出席した。

 ドラマは、東大卒ながら司法試験に4回落ちた崖っぷちの法律事務員・石田硝子(通称・石子、有村さん)と、一発合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男(通称・羽男、中村さん)がコンビを組むリーガルエンターテインメント。

テレビ 最新記事