原紗友里:映画「ゆるキャン△」で涙 千明は大人になっても変わらず?

「映画『ゆるキャン△』」の初日舞台あいさつに登場した原紗友里さん
1 / 1
「映画『ゆるキャン△』」の初日舞台あいさつに登場した原紗友里さん

 あfろさんのマンガが原作のアニメ「ゆるキャン△」の劇場版アニメ「映画『ゆるキャン△』」(京極義昭監督)の初日舞台あいさつが7月1日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開催され、大垣千明役の原紗友里さんら声優陣が登場した。原さんは「本当に素晴らしい映画になっています。エンディングで温かい涙がこぼれました」と思いを明かした。

 劇場版では、千明らが大人になって登場することも話題になっている。原さんは「大人のお水を飲むシーンもありますが、今までの千明にのっとって演じたら、自然にできました。大人にしようとは考えずに演じていました」と話すと、各務原なでしこ役の花守ゆみりさんは「大人になっても部長は部長でした」とうなずいた。

 舞台あいさつには、志摩リン役の東山奈央さん、京極監督も登壇した。

 「ゆるキャン△」は、女子高生たちがキャンプをしたり、日常生活を送ったりする様子を緩やかに描いている。テレビアニメ第1期が2018年1~3月、第2期が2021年1~3月に放送された。ショートアニメ「へやキャン△」が放送されたほか、福原遥さん主演の実写ドラマも人気を集めている。

 劇場版は、東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、名古屋の小さな出版社に就職した志摩リン、山梨の観光推進機構に勤める大垣千明、山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那が再集結し、キャンプ場を造る……というストーリー。

アニメ 最新記事