やんごとなき一族:「ただいま佐都」健太の記憶が! 視聴者「最高の最終回」「松下洸平さんの演技すごかった」(ネタバレあり)

連続ドラマ「やんごとなき一族」最終話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「やんごとなき一族」最終話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の土屋太鳳さん主演の連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系、木曜午後10時)最終話(第11話)が6月30日に放送された。深山健太(松下洸平さん)が妻の佐都(土屋さん)に、「ただいま佐都」と言ってキスするシーンが描かれ、視聴者は「最高の最終回!」と盛り上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 最終話では、記憶喪失になった健太が、別人のように変わってしまったことで、佐都が深山家を出て行った。それからというもの、健太は心に穴が空いたように感じ、佐都のことを思い出そうと周囲に尋ねて回った。

 そして、佐都の実家である大衆食堂「まんぷく屋」へ。そこでよく食べていたモツ煮を出され、料理の味に懐かしさを覚えるものの、やはり記憶は戻らないまま。健太は記憶喪失になってからの佐都への態度を謝罪し、「正直怖かった」と今の素直な思いを打ち明けた。

 真摯(しんし)に向き合おうとする健太の姿に、佐都は「今の健太は私の知ってる健太」と安心し、2人は再び共に歩んでいくことに。深山家を襲った危機を乗り越え、さらに絆を深めた健太と佐都は、ついに結婚式の日を迎える。佐都の花嫁姿を見た健太は「俺、思い出した……」と記憶を取り戻したのだった。

 視聴者は「健太の記憶が戻った!」「思わず拍手したの私だけじゃないはず」「ハッピーエンドでよかった」と感動。SNSでは「記憶戻った瞬間の表情が見たことある健太だった」「まなざしの変わりよう」「松下洸平さんの演技すごかったな」と、松下さんの表現力も話題になった。

テレビ 最新記事