オールドルーキー:第2話 “亮太郎”綾野剛、“天才スケボー少女”の獲得を任される

俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「オールドルーキー」第2話の一場面(C)TBS
1 / 5
俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「オールドルーキー」第2話の一場面(C)TBS

 俳優の綾野剛さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「オールドルーキー」第2話が7月3日に放送される。

 亮太郎(綾野さん)は塔子(芳根京子さん)と組んで、9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を高柳社長(反町隆史さん)に任される。全国大会で優勝したものの、まだ無名の小学生。今のうちにマネジメント契約を結べば、大きな利益を生む可能性が高い。

 早速、ひかりの父でコーチの悠一(桂宮治さん)を練習場に訪問。しかし、悠一は取り付く島もなく、世界最大手のスポーツマネジメント会社も獲得へ動き出す。

 そんな中、泉実(稲垣来泉さん)は相変わらず、サッカーを辞めた亮太郎を受け入れられない。サッカーへの未練が残る自分に気付いた亮太郎もやるせない。

 同じ頃、梅屋敷(増田貴久さん)は選手のスランプに悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助さん)が極度のスランプに陥り、成績が下降。高柳からは何とか回復させるようにプレッシャーを掛けられ……。

 脚本は「HERO」や「海猿」シリーズ、NHK連続テレビ小説「まんぷく」などを手掛けた福田靖さんのオリジナル。現役を引退した新町が、アスリートのマネジメント会社「ビクトリー」で働きながら、セカンドキャリアを歩む姿を描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事