何かおかしい:最終回 打ち切り寸前の「オビナマワイド」 遊びを手伝って、との依頼は?

連続ドラマ「何かおかしい」最終回の一場面(C)テレビ東京
1 / 7
連続ドラマ「何かおかしい」最終回の一場面(C)テレビ東京

 俳優の濱正悟さん主演の連続ドラマ「何かおかしい」(テレビ東京、火曜深夜0時半)最終第6話「隅の婆様」が7月5日に放送される。

 中継スタッフ小野寺(樋口日奈さん)の失踪以来、人気急落で打ち切り寸前の「オビナマワイド」。「あなたのお困りごとなんでも助けます」という、リスナーにおもねったコーナーをつくる。

 すると、若者から「スクエア」という遊びを手伝ってほしい、との依頼が。4カ所を決めて、そこを一緒に巡ると願いがかなう、という遊び。番組でスクエアに参加する若者を募る。だが、スクエアの別名は「隅の婆様」。とても恐ろしい儀式で……。

 原案はオカルトホラー作家・雨穴さんで、ストーリーテラーとしてドラマに出演する。ラジオ局を舞台に、生放送中のちょっとした違和感が思わぬ悲劇につながっていくリアルタイム進行型ヒューマンホラー。濱さんは生放送番組「オビナマワイド」の構成作家・花岡を演じる。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画