どうする家康:関水渚が初大河 「コンフィデンスマンJP」の“コックリ” 椿姫と謳われる女城主に

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」でお田鶴を演じる関水渚さん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」でお田鶴を演じる関水渚さん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」に、女優の関水渚さんが出演することが7月14日、明らかになった。関水さんは初の大河ドラマで、鵜殿長照(うどの・ながてる)の妹のお田鶴(おたづ)を演じる。

 お田鶴は椿姫と謳(うた)われる女城主。瀬名とは幼少からの友人で、元康(後の家康)との結婚も祝福。のちに今川と徳川が敵対関係になっても、瀬名との友情関係は続いた。今川家の家臣・飯尾連龍に嫁ぐが、夫亡きあとは城主として曳馬城(後の浜松城)を守った芯の強い女性。

 関水さんは「正義感が強く、自分の気持ちに正直で、人に対しても真っすぐ向き合える、そして意志の強い少女という印象です。この素晴らしい役を初出演の大河ドラマで演じさせていただけること、大変うれしく思います。お田鶴として生きられる日々を楽しみながら、生き生きと演じたいと思います」とコメント。

 同じ古沢良太さんが脚本を手掛けた「コンフィデンスマンJP」シリーズのコックリ役としても知られ、「古沢さんの脚本はキャラクター一人一人、すみずみまで信念や正義が丁寧に描かれており、一人一人が生き生きとキラキラしていて、全キャラクターを愛さずにはいられないと思っています。古沢さんの愛にあふれている脚本が、本当に大好きです」と語っている。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事