注目ドラマ紹介:「初恋の悪魔」 林遣都&仲野太賀がW主演 難事件解明、友情、恋模様も描く坂元裕二脚本

ドラマ「初恋の悪魔」第1話の一場面=日本テレビ提供
1 / 10
ドラマ「初恋の悪魔」第1話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の林遣都さんと仲野太賀さんダブル主演の連続ドラマ「初恋の悪魔」(日本テレビ系、土曜午後10時)が7月16日に始まる。「東京ラブストーリー」などを手掛けた脚本家・坂元裕二さんのオリジナル。境川警察署でそれぞれ別の部署に勤める訳ありの4人が難事件を解明する姿や4人の友情、恋模様が描かれる。

 林さんは大きな失敗をして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介、仲野さんは捜査と無縁の総務課職員・馬淵悠日(はるひ)を演じる。

 生活安全課の謎多き“スカジャン刑事”の摘木星砂(つみき・せすな)を松岡茉優さん、堅物の会計課職員、小鳥琉夏(るか)を柄本佑さん、刑事課の真面目な新人刑事・服部渚を佐久間由衣さん、鈴之介の隣に住む自称小説家の森園真澄を安田顕さん、署長の雪松鳴人を伊藤英明さんがそれぞれ演じる。

 第1話は……境川警察署の総務課職員・悠日が、署長の雪松に、停職処分中の刑事・鈴之介の監視を命じられる。刑事だった悠日の兄は捜査中の事故で殉職。その死に鈴之介が関わっているかもしれないと雪松は言う。悠日は鈴之介宅を訪ね、署内アンケート調査と称して鈴之介の話を聞く。

 悠日は、会計課の琉夏から、捜査中の病院での転落死事件の真相を突き止めてほしいと頼まれる。琉夏は、思いを寄せる新人刑事・渚に手柄を立てさせたかったのだ。突拍子もない話に悠日は断ろうとするが、推理マニアの鈴之介を思い出す。

 悠日は琉夏を連れて鈴之介宅へ。事件概要を聞いた鈴之介は医師が連続殺人犯の可能性が高いと興味津々。悠日と琉夏が独自捜査のため捜査資料管理室に侵入すると、なぜか生活安全課の刑事・星砂がいた。悠日と琉夏は、星砂も病院の転落死事件を調べていると思い込み、彼女にも協力を頼む。かくして、捜査権の無い4人が事件解決に乗り出し、思いがけない事態を巻き起こして……。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画