ユニコーンに乗って:「さっきの再現」 “功”杉野遥亮のさりげない優しさに“キュン”

連続ドラマ「ユニコーンに乗って」の第4話の一場面(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「ユニコーンに乗って」の第4話の一場面(C)TBS

 女優の永野芽郁さん主演の連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)第4話が7月26日、放送された。須崎功(杉野遥亮さん)が、成川佐奈(永野さん)に対して、さりげなく優しくする場面が登場。SNSでは、「ほんま、功くん優しすぎる。さり気ない優しさにキュン」「功くんがとことん優しかった」などの反響があった。

 第4話では、起業家と投資家をつなぐマッチングサイトで、投資家の高山充(飯田基祐さん)と出会った佐奈。1億円の投資を前向きに検討したいという高山と、二人でディナーに行くことになる。

 同じ頃、「夜に二人での食事に誘ってくるような人は要注意」という羽田早智(広末涼子さん)の言葉を聞いた小鳥智志(西島秀俊さん)は、佐奈のことが心配になる。そんな中、高山は「本番はこれからだろ」と佐奈を車に連れ込もうとしていた。そこへ登場した小鳥は、高山を殴ろうとする佐奈の手を受け止めて……。

 その後、恐怖と怒りのあまり、震えが止まらなくなってしまった佐奈の手を、そっと握った須崎。「さっきの再現。佐奈と小鳥さん」と言って、佐奈の笑顔を取り戻す。さらに、須崎は「ストレス発散」と言って、佐奈のパンチを受け止めるのだった。

 SNS上では、「震えてる手をただ単に握るんじゃなくて、『さっきの再現』って言って佐奈ちゃんが安心できるようにするのまじでかっこいい功くん」「功の大きな手が佐奈の手を包み込んでてそれだけでキュン」「佐奈ちゃんと結ばれてほしい」「佐奈を見つめる功の眼差しがね」といったコメントが書き込まれ、盛り上がりを見せていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事