佐野岳:「警視庁強行犯係 樋口顕」菊池の成長に注目 「着実に刑事の顔つきに」

連続ドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」に出演する佐野岳さん(C)テレビ東京
1 / 6
連続ドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」に出演する佐野岳さん(C)テレビ東京

 俳優の内藤剛志さんが主演を務める連続ドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」(テレビ東京系、金曜午後8時)。2003年からスペシャルドラマが12作放送され、昨年1月期に連続ドラマが放送された人気シリーズだ。Season2の放送を記念して、「MANTANWEB」ではキャスト陣にインタビューを実施。第5回は、内藤さん演じる樋口顕の部下で、若手ムードメーカーの菊池和馬を演じる佐野岳さんに話を聞いた。

 ◇

 「強行犯係 樋口顕」シリーズは、本格警察小説の名手・今野敏さんの同名小説が原作。警視庁刑事部捜査1課強行犯係の警部で、“決してヒーローではない無彩色の刑事”樋口顕(内藤さん)の活躍を描く。

 Season2の放送決定に「とてもうれしい」と喜びを語った佐野さん。「常にカッコいい背中を見せてくださる樋口係長のもとで、頼もしい樋口班の皆さんとまた捜査できることをとても幸せに思っています」と笑顔を見せる。

 佐野さん演じる菊池は、榎木孝明さん演じる天童管理官のおい。世間知らずだったが、一人前の刑事に成長中だ。「前シーズンでは、菊池としても、役者としても勉強ばかりでしたが、今回は先輩方から教えていただいたことを生かし、さらに成長できるように努めます」と意気込みを語る。

 ◇

 ドラマには、事件が起きる度に、樋口を追いかける野心家の新聞記者・遠藤貴子役で矢田亜希子さん、樋口の一人娘・樋口照美役で逢沢りなさん、樋口の妻・樋口恵子役で川上麻衣子さん、強行犯係のメンバーを見守る上司、警視庁刑事部捜査1課の管理官・天童隆一役で榎木さん、樋口の盟友にして、最大の理解者であり、他部署でありながらも樋口の捜査に協力する警視庁生活安全部少年事件課の警部・氏家譲役で佐野史郎さん、樋口班のメンバーとしては、樋口班の紅一点・藤本由美役で片山萌美さん、何かと小言が多い中田裕之役で小松利昌さん、鑑識課で樋口班がいつも頼りにしている吉崎衛役で斉藤暁さんが出演するなど、おなじみのレギュラーキャスト陣が続投。

 さらに、今作からの新キャストとして、法医学教室の准教授・御子柴隆司役で竹財輝之助さんが参加している。

 撮影現場では、内藤さんらキャストと「またみんなで集まれたことがうれしいですね」という話をしたという。Season2では、「Season1を上回るチームワークで、さらに班の結束を感じることができると思う」と語り、「おのおのの性格や捜査の仕方など、樋口班でしか見られないオリジナリティーあふれるチームになっています」と明かす。

 また、菊池のバックボーンが垣間見えるかもしれないといい、「警察手帳を出すだけで手間取っていた菊池も、今回は少し成長し、さまざまな事件に触れながら着実に刑事の顔つきになっていると感じていただけると思います」とアピール。「犯人との逃走劇は前回に引き続き要注目です! 今回も、気持ちと靴ひもをしっかり締めて臨んでます!」と続ける。

 最後に、佐野さんは「僕たち樋口班は、誰一人として完璧ではないけれど、お互いに支え合い、迷いながらも正義を目指します。そんな姿を見て楽しんでいただければと思います!」と視聴者に呼びかけた。

 金曜8時のドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」は、テレビ東京系で毎週金曜午後8時から放送中。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画