菊池風磨:甘え上手でヒモ体質! 「もっと超越した所へ。」で“クズ男”に 「可愛らしさを足して」表現

映画「もっと超越した所へ。」に出演するSexy Zoneの菊池風磨さん(C)2022「もっと超越した所へ。」製作委員会
1 / 1
映画「もっと超越した所へ。」に出演するSexy Zoneの菊池風磨さん(C)2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

 女優の前田敦子さん主演の映画「もっと超越した所へ。」(山岸聖太監督、10月14日公開)で、新たな場面写真が8月25日、公開された。ヒモ体質のストリーマー(配信者)・朝井怜人(菊池風磨さん)が、主人公の岡崎真知子(前田さん)と会う直前のシーンが収められている。

 映画は、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、面倒くさい感情と本音をさらけ出しながら、エネルギッシュに生きる様を描く。衣装デザイナーとして働く真知子は、部屋に転がり込んできた怜人をつい養ってしまい、甘え上手ながらも強く束縛する怜人から抜け出せなくなっていく。

 菊池さんは、怜人について「僕自身としては全く共感ができないクズ男。恋人のヒモになる感覚が僕には絶対分からないですし、相手を束縛するタイプでもないと思います。だからこそ演じるのはすごく楽しかったです」とコメント。現場では、監督から「可愛らしさを足して」という演出を受け、声のトーンや表情を調節しながら怜人を作り上げていった。

 本作で展開する他人には理解されにくい恋愛模様については、「周りの人たちが何を言っても、当人同士にとってはそれが幸せで、心地良かったりする。“この人じゃなきゃ”っていう2人だけの世界がきっとあるんだな、というのがこの映画に出て改めて気付かされたことです」と告白。

 「クズ男の弱いところ、それを許してしまう私の弱いところ……思い当たる部分がある人も多いと思います。そんな弱い部分を突かれに来てください」と呼びかけた。

映画 最新記事